読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Diary" インターネットさんへの恩返し

いつもソースコードコピペばかりなので,みなさまへ少しばかりの恩返しを

SAPベーシス 移送管理で使える Tips

SAP


スポンサーリンク

SAPは変更管理の機能として「移送」という、開発機→検証機→本番機とオブジェクトをデプロイしていく仕組み自体が組み込まれています。その移送管理で使えるTipsをご紹介。

移送キューへの一括移送登録コマンド

開発機でOSユーザadmでログインして以下を実行。

tp addtobuffer <SID>KXXXXX <Target SID> client=<Target client No> pf=/usr/sap/trans/bin/tp_domain_<Dev SID>.PFL


いちいちサーバにログインするのがめんどくさい場合は、Excelのマクロ(vba)でリモートアクセスしキュー登録できる。

Sub execute()

strComputer = "<hostname>"
strCommand = "<drive>:\usr\sap\<SID>\SYS\exe\uc\NTAMD64\tp.exe addtobuffer <移送番号> <SID> client=<クライアント番号> pf=<drive>:\usr\sap\trans\bin\TP_DOMAIN_<SID>.PFL"

Set objSWbemLocator = CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set objSWbemServices = objSWbemLocator.ConnectServer(strComputer, "root\cimv2", "<OS username>", "<password>")
objSWbemServices.Security_.ImpersonationLevel = 3
Set objProcess = objSWbemServices.Get("Win32_Process")

errReturn = objProcess.Create(strCommand, Null, Null, intProcessID)

If errReturn = 0 Then
MsgBox ("成功 プロセスIDは" & intProcessID)
Else
MsgBox ("失敗 エラーコード:" & errReturn)
End If

End Sub

エラーが出たらこちらのエラーコード参照
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa389388%28v=vs.85%29.aspxCreate method of the Win32_Process class (Windows)

移動ディレクトリ変更

transフォルダが入っているドライブが満杯になってしまった場合のtransフォルダの移動方法。

  1. robocopy :\usr\sap\SYS\trans コピー先 /COPYALL /E /SECFIX
  2. プロファイルパラメータの DIR_TRANS、DIR_EPS_ROOT をコピー先ディレクトリにして再起動
  3. t-code:STMS > 一覧 > システム のシステムどれか選んで 「移送ツール」タブ のTRANSDIRを2.と同じにして保存。
  4. 共有の設定などしなおしてくだされ。

ローカル環境での移送フォルダの設定(windows)

ドメイン環境ではなくローカル環境(WORKGROUP)で共通移送ディレクトリを環境に持つ方法。

  • 117395 - Windows NT ファイル入出力の権限問題

一括移送コマンド

これは上記で紹介した、キューに登録したあとのSAPへの取り込みをコマンドから行うもの。

tp import <SID>KXXXXX <Target SID> client=<client No> pf=/usr/sap/trans/bin/tp_domain_<Dev SID>.PFL

例:tp import P28KT00687 D28 client300 pf=TP_DOMAIN_D28.PFL U128
”u”の後の128がオプション値。

0: Called a overtaker; change request can be imported from buffer without deleting it and then uncoditional mode 1 is used to allow another import in the correct location.
1: If U1 is used with the export then it ignores the correct status of the command file; and if it is used with import then it lets the user import the same change request again.
2: When used with tp export, it dictates the program to not to expand the selection with TRDIR brackets. If used in tp import phase, it overwrites the originals.
3: When used with tp import, it overwrites the system-dependant objects.
5: During the import to the consolidation system it permits the source systems other than the integration system.
6: When used in import phase, it helps to overwrite objects in unconfirmed repairs.
8: During import phase it ignores the limitations caused by the table classification.
9: During import it ignores that the system is locked for this kind of transport. 

参照インポート時のオプション指定

自動移送

  1. インポート先システムにログイン
  2. t-code:STMS、全移送のトラックマークをクリック
  3. スケジュール設定
  4. t-code:SM37で *import* と買って検索したら出ててくるので必要に応じて微調整。