読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Diary" インターネットさんへの恩返し

いつもソースコードコピペばかりなので,みなさまへ少しばかりの恩返しを

Excelで統計 データ分析"基本統計量"の使い方



スポンサーリンク

Excelを使って、平均、中央値、標準誤差、標準偏差、分散などをぱっと出すための機能の紹介。

f:id:azumami:20150803150256p:plain


注:事前に、アドインの「分析ツール」を有効にしておく必要があります。

1)統計を計算する対象のデータの準備

以下のように1列にデータを入力します。
f:id:azumami:20150803150236p:plain

2)「データ」タブの右端にある、「データ分析」アイコンをクリックし、「基本統計量」を選択します

f:id:azumami:20150803150241p:plain

3)以下のように各値を設定します

入力範囲:データの範囲をしてい指定します。以下は1行名をラベルとしてつかっているので1行名も選んでいます
データ方向:列
先頭行をラベルとして使用:チェック有り
出力先:出力したいセルを選択
統計情報:チェックを入れる

f:id:azumami:20150803150248p:plain

4)出力がされます

f:id:azumami:20150803150256p:plain

5)補足

平均や合計だけ知りたい場合は、対象データをこんな感じで選択すると右下に、「平均」、「データの個数」、「合計」がでるので、こらの情報だけで良い場合はこっちのほうが手っ取り早いです。
f:id:azumami:20150803151117p:plain


ご参考www.mm-lab.jp