読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Diary" インターネットさんへの恩返し

いつもソースコードコピペばかりなので,みなさまへ少しばかりの恩返しを

【感想】「たった1日でチームを大変革する会議」



スポンサーリンク

これはいい本を見つけた。

第一の感想。書いた人頭ヨ過ぎ。
これぞ文系のなせる技と感じました。
(特に自分は理系なので)

タイトルの通り,どんな一般的な会社でもこんな風に会議やれば,
確かに「たった1日でチームを大変革する会議」を実現することは可能かと。
是非とも企業のトップに読んでもらいたいです。

内容は筆者が,ファシリテーター役で顧客企業で会議を行い,その会議方法の特殊性によって結果チームを激変させるというもの。
具体的な会議のテーマは,よくありがちな「会社の目標」を決めるというもの。
メンバーは社員数人,役員数人などで,どんなプロセスで会議を進めれば最大の結果がでるかを,順序よく,ロジカルに,分かり易く説明しています。

特に勉強になるのが,以下のような議論の前提条件を盛り込むと質のいい議論になりやすいと,ファシリの技術面の記載もあった。これはいいお話だ。

•「会社や組織の『ひどい真実』はなんですか?」というような問い
•「世界一の○○を目指す」という目標設定
•「なぜ○○(いい人材がとれない)なのか?」ではなく「どうすれば○○できるか(いい人材が来るか)」といった聞き方

いつか自分がファシリするときにかなり参考になりますね。今度やってみよつと。

PS.そういえば先日見たTEDでデレク・シヴァーズが「目標は人に言わずにおこう」で目標を口にした人の達成率は低いというデータを挙げていた。上記の本では目標は公然の場で発表するから公約になり達成率が高いとあったが,なんか相反する意見で面白い。